ごあいさつ

当院は、岐阜市長住町で開院しておりました黒田クリニックの移転と同時に、平林クリニックの事業を継承し、令和2年1月6日より「ぎふストレスケアクリニック」として新たにスタートしております。
 

当院は患者さんのお話をよく聞くという当たり前のことを大切にするクリニックでありたいと考えています。それによって診断、治療の精度が高まります。治療を受けることによって心が楽になる可能性が高いのに受診をためらっている方はまだまだ多いと感じます。当クリニックはそのような方にお気軽に受診していただけるよう心掛けております。デイケアリワーク(復職支援)集団認知行動療法訪問看護を行っています。JR岐阜駅より徒歩15分、駐車場も30台あります。
当クリニックは、社会医療法人 緑峰会 養南病院と連携しており、養南病院にて
ストレスケア病棟発達障害支援プログラムアルコールリハビリプログラムをご利用いただくことも可能です。

ぎふストレスケアクリニックからのお知らせ
 

詳細は記事をクリック

1174115.png
 

医師紹介

院長 黒田 弘彦

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医
昭和45年 岐阜大学医学部 卒

院長黒田弘彦

非常勤医師
宮嶋 佳苗(養南病院 地域連携部長)

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医

指導医
日本医師会認定産業医
平成19年 秋田大学医学部 卒

非常勤医師
大野 智裕

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医

指導医
日本医師会認定産業医
昭和62年 岐阜大学医学部 卒

非常勤医師

杉浦 康介(養南病院 医師)

平成29年 岐阜大学医学部 卒

非常勤医師
関谷 道晴(養南病院 院長)

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医

指導医
平成7年 富山医科薬科大学医学部 卒

非常勤医師関谷道晴

非常勤医師

田中 信絵(養南病院 医師)
日本精神神経学会認定 精神科専門医

平成4年 岐阜大学医学部 卒

非常勤医師

利川 和徳(養南病院 医師)

平成28年 東京医科大学 卒
 

非常勤医師

四十塚   龍雄

精神保健指定医
昭和34年 岐阜大学医学部 卒

非常勤医師

森﨑 郁夫

精神保健指定医
昭和38年 岐阜大学医学部 卒

集団認知行動療法

気分障害などの患者様を対象としたプログラムです。全8回(1回/週)のセッションを通して、自身の認知や行動に働きかけることにより、気分が楽になることを目指します。

GSC認知行動療法①.JPG
GSC認知行動療法②.JPG

当施設の認知行動療法の基本モデル

・ストレス反応を領域に分けて理解する
 「生活体験5つの領域」
​・考えを切り替え、気分を楽にする
 「考え方のチェックシート」「7つのコラム」
・新たな行動を起こして、気分の変化に気づく
 「活動記録表」「問題解決ワークシート」「アクションプラン」
・自分の気持ちの伝え方を練習する
​ 「アサーショントレーニング」

​8セッションの内容(毎週土曜日午前に実施)

セッション

内容

1回

認知行動療法について
​生活体験5つの領域/考え方のクセについて

2回

バランスの取れた考え方1(7つのコラムの説明)

3回

バランスの取れた考え方2(7つのコラムⅠ)

4回

バランスの取れた考え方3(7つのコラムⅡ)

5回

問題を解決しよう1(問題解決ワークシートの作成)

6回

問題を解決しよう2(アクションプランの作成)

7回

自己表現の仕方(アサーショントレーニング)

8回

まとめ

ご利用にあたって

参加をご希望される方は主治医にご相談ください。

​また、医療保険の適用となります。自立支援医療制度や福祉医療制度等も利用できますので、詳細についてはお問合せください。