集団認知行動療法

集団認知行動療法

Behavior therapy

集団認知行動療法

気分障害などの患者様を対象としたプログラムです。全8回(1回/週)のセッションを通して、自身の認知や行動に働きかけることにより、気分が楽になることを目指します。

当施設の認知行動療法の基本モデル

ストレス反応を領域に分けて理解する
「生活体験5つの領域」
考えを切り替え、気分を楽にする
「考え方のチェックシート」「7つのコラム」
新たな行動を起こして、気分の変化に気づく
「活動記録表」「問題解決ワークシート」「アクションプラン」
自分の気持ちの伝え方を練習する
「アサーショントレーニング」
集団認知行動療法

​8セッションの内容(毎週土曜日午前に実施)

1回

認知行動療法について
​生活体験5つの領域/考え方のクセについて

2

バランスの取れた考え方1(7つのコラムの説明)

3回

バランスの取れた考え方2(7つのコラムⅠ)

4回

バランスの取れた考え方3(7つのコラムⅡ)

5回

問題を解決しよう1(問題解決ワークシートの作成)

6回

問題を解決しよう2(アクションプランの作成)

7回

自己表現の仕方(アサーショントレーニング)

8回

まとめ

ご利用にあたって
参加をご希望される方は主治医にご相談ください。

​また、医療保険の適用となります。自立支援医療制度や福祉医療制度等も利用できますので、詳細についてはお問合せください。